「母喰鳥」

 

 

 

  羽ばたきが聞こえない後ろの小部屋

 

 

  空腹のリモコンがある電子辞書

 

 

  衝立が死んでしまって漏れる液

 

 

  くいだおれ太郎と乗っている電車

 

 

  足首はからから川を所望する

 

 

  自転車が落下してゆくスピードで

 

 

  スカートは森でちらちら翻る

 

 

  肉食の名残を隠す薄い口

 

 

  まばたきは禁止で歌う仮面劇

 

 

  同じ場所ばかり啄む母を喰い

 

 

  終わらない食事で羽根が消滅す

 

 

  嘴の端の他人はとても美味

 

 

 

 

 

 

「無言」

 

 

  耳たぶに声なき声が通過する

 

 

  幻のようにぽつんと投票所

 

 

  百問のクイズを浴びる寝室で

 

 

  海はもう船の素材がわからない

 

 

  幻覚が強いのかもしれぬ畳

 

 

  生活に困らぬ人の出す涙

 

 

  凡人が持たざる者の肉を喰う

 

 

  残忍なお面五分で切り刻む

 

 

  アメディオとマルコと同じ旅に出る

 

 

  偽物の猿を貰った暗い部屋

 

 

  首振ってリセット終わる小市民

 

 

 

 

 

 

 

「空梅雨」

 

 

  青空に汚点てんてん垂れ下がる

 

 

  延々と橋埋め尽くすハイヒール

 

 

  畦道は出番をずっと待っている

 

 

  膨らんだ桔梗大凶孕みをり

 

 

  引出しでマトリョーシカを産み続け

 

 

  限界の部屋に限界家具を置く

 

 

  イメルダの物置部屋の足の跡

 

 

  配布する忘却石鹸洗剤

 

 

  幸せな人がもぎ取りに来る骨

 

 

  生贄を蜂蜜漬けにする器物

 

 

  甘いのは宇治の煎茶のしずくだけ

 

 

  混沌は美味でゴミ屋敷は静か

 

 

  ロッカーの中の裏切り雨の前

 

 

  歩道橋葱の匂いは嫌ですか

 

 

  父の日の父リサイクルプラマーク

 

 

 

 

 

 

「かび」

 

 

  あね姉と名無しのままで黴てゆく

 

 

  姉さんは色褪せているパンシロン

 

 

  聞いたことない病気だと言っている

 

 

  青色の私を監視してる姉

 

 

  遊園地姉に尾行をされながら

 

 

  姉さんは何もできないくせに姉

 

 

  洗濯を繰り返しても黴る姉

 

 

  蹴とばせばみどりが薄くなる増える

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「りぼん」

 

 

  結び目が作れないけどほどくけど

 

 

  冷凍が長すぎたからちょっと病む

 

 

  終わるまで何度も通過するハサミ

 

 

  回転をするしか能がないリボン

 

 

  褪せるまま箱で居眠りするりぼん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「黒猫」

 

 

  最初から潰される予定のゼリー

 

 

  捨てられた証しマスカラ状目脂

 

 

  洗顔の意思は段ボールの中に

 

 

  ドーナツに頭痛浸み込むアイシング

 

 

  三か所で弾ける初夏の罰ゲーム

 

 

  ひと時はシベリアにいるスキーさん

 

 

  炎症は正しく起こる罪と罰

 

 

  涙するアクエリアスを飲んだ量

 

 

  顔中に苔が生えてるのを知った

 

 

  背中から毟り取られる役目の毛

 

 

 

 

 

 

 

 

「カナリア」

 

 

  陽だまりの距離を保って育児室

 

 

  音が出る人形ばかり増えてゆく

 

 

  桃の実は祖母の肌色薄甘い

 

 

  ゆったりとカナリアイエロー貪って

 

 

  金の輪が抜けなくなっており獣

 

 

  表情は消えて赤カナリアになる

 

 

  籠の戸は常に開いてるご親切

 

 

  同僚が次々鳥になるデスク

 

 

  食料不足とカナリアからメール

 

 

  止まらない産卵カナリアは歌う

 

 

 

 

 

 

 

 

「四ツ目ちゃん」

 

 

  特注のとても大きなコンタクト

 

 

  眼球に細かい蔦が絡まりぬ

 

 

  目の玉に思慕などは無い目の薬

 

 

  とりどりの包装紙には解があり

 

 

  よく見える布団の中のサングラス

 

 

  四色のお目目に花が咲いている

 

 

  玄関の外から先がぼやけをり

 

 

  三ツ目には充血がなくずっと見る

 

 

  四ツ目ちゃん町を玩具にしてしまう

 

 

  お菓子しか目に入らない四ツ目ちゃん

 

 

  背中からドロップキックしてもらう

 

 

  スイッチがやっと見つかる後頭部

 

 

  身長が伸び放題の四ツ目ちゃん

 

 

  一年の限定ものの羽を持つ

 

 

  転がる目 淀屋橋から天満橋

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「菫橋」

 

 

  君はまだ碁盤の目状保ちつつ

 

 

  色褪せてパステル色の顔になる

 

 

  土曜日の親切はみな木瓜の花

 

 

  喜んで壊れてゆくよアーケード

 

 

  帰郷するための書類と手を繋ぐ

 

 

  不機嫌と牛乳ミスタードーナッツ

 

 

  ぎゅうぎゅうの風呂屋に咲いている桜

 

 

  ぼろぼろの骨で立ってるだけなのに

 

 

  半分が消えてしまった証拠品

 

 

  どの路地を選べば行けるえれがんす

 

 

  自転車をただ見つめては橋の上

 

 

  橋ばかり連なる町の梅の酒

 

 

  清潔なマンションに会うお昼時

 

 

  あの時の蝉が続いている根元

 

 

  坊さんと一緒に渡るすみれはし

 

 

  鏡見る生きた化石になっている

 

 

  幸福な日陰の探せない町で

 

 

  すみれはし流れる川は澄みきって

 

 

  濁ってる君は丸太で流される

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「拝啓、川原君」

 

 

  弾けなと天津甘栗は誘う

 

 

  横たわる息絶え絶えの記念の日

 

 

  雨粒は勝手に落ちる窓の外

 

 

  本題はすり替えましょう深い河

 

 

  恋人を連れて愛人を訪ねる

 

 

  罰当たりして猫あたり犬あたり

 

 

  下らない話がしたい川辺にて

 

 

  から手形金庫に残る春の前

 

 

  突っ立って四角い箱の隅である

 

 

  コーヒーが効かない午後の沼の淵

 

 

  約束は破ってもいい川向う

 

 

  ひとひらの花びらになりぺったんこ

 

 

  片肺がぺこんと弾む捨てられる

 

 

  お茶会はゲートボールの横の椅子

 

 

  あの春が最高だった勘違い

 

 

  川原君は駄菓子で出来ているね

 

 

  花柄の駅から部屋の散歩道

 

 

  雑談が二度とできない川原君

 

 

  話したいことを地面に埋めている

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「銀紙」

 

 

 躓けば包み紙なり沼地なり

 

 

 溶けそうな冷たい眼玉弄ぶ

 

 

  焼き過ぎた菓子の端っこには父性

 

 

  坂道でぼろぼろこぼすちょこれいと

 

 

  尋問が吹雪くベッドのど真ん中

 

 

  踏み絵は三度 幸せになれますよ

 

 

  曖昧なチーズスフレが膨張す

 

 

  艶ぴかの髪敷き詰めて平坦地

 

 

  銀紙に包まれている常套句

 

 

  扱いが雑でやさぐれる銀紙

 

 

  広げればかすかに甘い声が鳴る

 

 

  空っぽの棚に抜け殻の銀紙

 

 

  重箱の黒いお菓子の液状化

 

 

  銀紙の路地ぐしゃぐしゃのチョコレート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「湯気」

 

 

  薔薇色の子供が歌う歌謡曲

 

 

  びいどろの目玉で我を見つめをり

 

 

  あちこちに穴開け光らせる身体

 

 

  おはじきはそれなりだから愛でられる

 

 

  溶けてゆく麩を追いかける深い海

 

 

  混雑の反対側の黒い布

 

 

  美しい顔に不思議な色が咲く

 

 

  どこからが四次元ちゃぶ台を探す

 

 

  ぴかぴかの車の中の良いソファー

 

 

  カオスしかないらしいけど玄関に

 

 

  猫にしか与えられないパスポート

 

 

  銭湯で全部燃やしていただこう

 

 

  からんから夕陽に対峙してる骨

 

 

  終わらない宿題抱え脱衣場

 

 

  輪廻して浦島太郎繰り返す

 

 

  桃色の湯気で育った女の子

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ドアノブ」

 

 

  一年で澱は白くてかさ高い

 

 

  金髪でお出迎えです羽広げ

 

 

  新年に攻撃的になるお餅

 

 

  嘘ばかり戴くことに飽きてをり

 

 

  踏みつける実用的じゃない体

 

 

  ベニヤ板くらいの厚さぶっ壊す

 

 

  味方には晴れ間があって昼寝する

 

 

  牛になる牛には牛の方向性

 

 

  酉年に太郎は歌う海の底

 

 

  合唱は米の籾殻総動員

 

 

  藍色の矜持を保つ硝子瓶

 

 

  大らかな水平線は目前に

 

 

  麺棒で伸ばす一年面倒な

 

 

  形骸化してる浪漫に点火する

 

 

  呼吸するだけで表現者になって

 

 

  まだ少し輝いている祖母の羽根

 

 

  唇の皺に執着積もりつつ

 

 

  それだけのことかと思ふ道の端

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

「三分の一」

 

 

  シュレッダーごみに紛れている手足

 

 

  曖昧は雨に流される幸せ

 

 

  浮遊することば虫籠にはレタス

 

 

  客観をすれば汚れたスヌーピー

 

 

  思い出が見知らぬ場所で燃えている

 

 

  流れてく景色焦点定まらず

 

 

  出遅れた火星人なら物置に

 

 

  三階の屋根まで積み上がるお菓子

 

 

  ひたすらのケーキとチョコに窒息す

 

 

  カラフルな悲劇は美しいビーズ

 

 

  青空に少し血を足す乳歯かな

 

 

  意地悪な叔母を誘拐する昼間

 

 

  絨毯の替わりに使う地獄絵図

 

 

  少年とシンクの難しい高さ

 

 

  少年の愛は腕時計の重さ

 

 

  お互いを抽象化してひび割れる

 

 

  パン屋へは一人で行くという決まり

 

 

  変な事ばかり覚えて尼崎

 

 

  贅沢が浸み込んで来るトアロード

 

 

  いとけなき顔で仏蘭西映画祭

 

 

  無期限の羽根が着払いで届く

 

 

  境目が消えてなかった白い壁

 

 

  薄闇は案外長い商店街

 

 

  ぶよぶよの記憶が日向ぼっこする

 

 

  金田一さんはさよならの塊

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「いもうと」

 

 

 

  熊なのか猫なのかもうわからない

 

 

  少しだけお揃いらしいワンピース

 

 

  花柄を飾られている抜いた牙

 

 

  妹は熊の毛皮を着ています

 

 

  妹を運ぶ真っ赤なバスケット

 

 

  宇宙から帰って来ない夕ご飯

 

 

  私よりお洒落をさせてあげたはず

 

 

  凶暴は愛くるしくて梅の枝

 

 

  重たくて筋肉痛になるお骨

 

 

  心臓が火種になって燻される

 

 

  父さんは嘘吐き伊吹山消える

 

 

  橇に乗る下る事しかできぬまま

 

 

  全身を真っ赤に染めている頭痛

 

 

  香水のおまけにされてしまいをり

 

 

  意味のない笑顔のままで座り込む

 

 

  いつまでも待っててくれる硝子の眼

 

 

  表情があるようで無いけれど噛む

 

 

  身請けするつもりはあった神戸港

 

 

  妹は行方不明のまま船出

 

 

  刻印は耳にくっきり現れる

 

 

  古着屋で安眠してるイミテイション

 

 

  空洞の心臓のままクリスマス

 

 

  北方へずれこんでゆく黒い森

 

 

  妹がなりすましてる熊の嫁

 

 

  洋風の粥をいただく熊の家

 

 

  熊のまま年老いてゆく妹は

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「バウムクーヘン」

 

 

 

  会うたびに仲良く壁を拵える

 

 

  安全を信じて引いているチョーク

 

 

  足跡をほどいて落とす古毛糸

 

 

  太っちょの天使が飛んでいる低さ

 

 

  透明な壁は厄介やわらかい

 

 

  雪原に壁ごと背負って立っている

 

 

  間違ったコピー重ねている体

 

 

  薄皮を剥ぐ快感で一昼夜

 

 

  ちょっとだけざらっとしてる壁の味

 

 

  黒々とお菓子の壁に虫が湧く

 

 

  残骸は融和の証しだったっけ

 

 

  鉄筋の代わりに入れるウエハース

 

 

  次々と焼き上がる壁食べ尽す

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「越境」

 

 

 

  まず夢に出てくるじゃない紫野

 

 

  黄泉の国この草原を越えた時

 

 

  ちちははに似てないけれど火を継いで

 

 

  有効な島流しだと思ふ土

 

 

  直毛に執着してはひりりりり

 

 

  枝折戸をきしきしさせて子を売り屋

 

 

  あっちにもこっちにも父アドバルーン

 

 

  たっぷりのフリルで飾る橋向こう

 

 

  私とは地べたにあって消えるもの

 

 

  ローソンで大人になってしまいます

 

 

  脱がされて足袋は彷徨う団子坂

 

 

  地続きで銃弾届く足の裏

 

 

  きれいごと好きで雇われスナイパー

 

 

  はかなげな衣服するりと密航す

 

 

  あの人は銀色だからつめたいの

 

 

  群れるとかできませんよと言う小人

 

 

  狂うには観客が要る船の旅

 

 

  指先は私のもので契約書

 

 

  縦唇を食べてる横唇

 

 

  境界が溶けた形である裸体

 

 

  大陸の桃源郷は不安定

 

 

  胃袋を小分けに東亜細亜行き

 

 

  どこにでも行けるボルトが腰にある

 

 

  山々が似たような顔してみせる

 

 

  国境で木乃伊になって五千年

 

 

  青い目をビー玉にしてはじき出す

 

 

 透明になれる薬と言ったはず

 

 

  かなしみを孕む処方箋をもらう

 

 

 輝いてどこにも使えない部品

 

 

   凄まじき屍の上の丸い猫

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「三面鏡」

 

 

 

  ふらちにもゆっくり毒が効くきのこ

 

 

  言い訳をガーゼでくるむ眠らせる

 

 

  物置で血を吸っている古道具

 

 

  太ももがハムのまんまで浮かびをり

 

 

生贄がむくむくになる雲の上

 

 

散り散りの手足に出会う大広間

 

 

ばらばらの仮面ライダー母子手帳

 

 

  猫の目を嵌めているからややこしい

 

 

猫の目を巣箱に詰めている夜行

 

 

赤い靴線路に置いて待っている

 

 

みなしごにまっすぐわたすりんごあめ

 

 

明け方に確かめに行く食べ残し

 

 

おぢさんに餌付けをしてるバスケット

 

 

ちよこれいとどこからきたかたずねない

 

 

赤い血を流して終わる猫遊び

 

 

抱きすぎて死んでしまった男の子

 

 

断片をかき集めればフランケン

 

 

父さんが殺してしまふフランケン

 

 

家系図にひとりを刻むフランケン

 

 

縫えども縫えどもはみ出す心臓

 

 

臀部から余計なものが垂れ下がる

 

 

責任を取れよと泣くよおぢさんが

 

 

内戦の意味を教えて吸血鬼

 

 

はにかんで怪物らしくしおらしく

 

 

怪物は窓の下まで来てるはず

 

 

窓からも玄関からも入れない

 

 

窓枠を盗んで行ったフランケン

 

 

フランケンシュタインが立つネオン街

 

 

背中からあなたを剥がす三面鏡

 

 

脱皮後の行方知れずのフランケン

 

 

怪物の抜け殻を干す千里丘

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「敏感な家」

 

 

 

真っ白なシーツの上ののっぺらぼう

 

くるくると法事の膳に叔母の顔

 

糟糠の妻をリュックに詰めている

 

すっきりと窓枠の外消え去って

 

押し入れの中でゆっくり出す子宮

 

可動式住宅なので壊れます

 

近鉄で大黒柱運び出す

 

新築の引換券が十二枚

 

うるわしくがたがたになる山の奥

 

家中のボタン肥大化するばかり

 

民営化府営国営出入口

 

おじさんが窓の中から生き返る

 

待ちかねたように現れるバス停

 

崖下の聖地で砂を買い求む

 

細長い廊下で海月になりました

 

深々と海の匂いの台所

 

座敷にて大暴れする一人っ子

 

暴れても逃げ場はまるで無いプール

 

神棚と漢方薬を丸め込む

 

霧が出て信号故障でも定時

 

音も無く開けてる新居には造花

 

玄関で足止めを食う仕掛け罠

 

約束の真珠を貰う地下の部屋

 

乙姫は印を残すのが掟

 

不意打ちの母の故郷の白ワイン

 

開けても開けても開けても襖の間

 

挨拶で狐に活を入れられる

 

そこだけが輝いている四軒目

 

仲良しになろうと思う森の奥

 

真っ先に抱きしめている鈴のひと

 

今回は不埒なんです交差点

 

地主さんに会いに行く回覧板

 

とりあえず引っ越し蕎麦はアレルギー

 

お清めの雨の合間のB定食

 

暗闇を突っ切って行く二階建て

 

白百合は車が嫌い良い子だね